後姿美人

後姿と言うのは自分の健康状態を映し出す鏡のようなものです。街を歩いていて、この人、しんどそうな背中してるなぁ・・。なんで首が傾いてるんだろ?って感じる事はありませんか?

顔はニコニコ表情をつくって見せてても、背中は疲れてる。。これだともったいないですよね?キレイな姿勢、美とは前側だけではなく、横も後ろも関係してるんですね。平面的ではなく立体的に自分をイメージするといいかも??

美を維持する為に無理していませんか?

昔から美に関することは女性の関心事の上位にきますね。最近は男性も美に関心を抱く方が多いと思います。そんな中、最近の傾向は美を維持するのに、体を窮屈にさせることが増えているように思います。見た目は綺麗だけど体はつらい(笑)

補正下着も窮屈に寄せて見た目はいいけど呼吸がしづらい、胸を張りすぎる。脚も細いジーンズで見た目は綺麗だけど筋肉運動がしづらいので疲れる。靴も先が細くて見た目が綺麗だけど、外反母趾になってしまう。

健康じゃないとオシャレも楽しめないので、窮屈な服や靴を履いたときこそ、歪みを取る体操などをしていただくと効果的かなと思います。

美しさを求めるなら

美というのは女性にとって永遠のテーマというか、関心ごとの上位に来る事が多いですよね。健康よりも美のほうを優先したい!って人も多くいました。そこで歪みと美についてお話をしたいと思います。

いい服を着て、化粧をうまく施し髪型をばっちり決めて、胸を張った姿勢で颯爽と歩く・・・これも確かにキレイですが、案外見落としがちなのが、後姿なんです。

皆さん毎日自分の前側はみると思います。そしてそこをキレイに見せようとすると思います。確かに相手に会う第一印象として正面からのアングルって、一番最初にみられる場合が多いので仕方ありませんが、ただ後姿も気をつけてみるといいと思います。背中が丸くなってたり、肩の高さが違ったり、疲れた背中をしているとどうでしょうか?もったいないなって感じがしませんか?

実年齢より若くなる 大人の健康体操

目標をたてたことを実践できていますか?後回しになっていることはありませんか?健康ですか?半年を振り返りやりたいことリストが増えるばかりで消化できて無くショックを受けている豊岡ですが、美容に関心がある人には重要なお話『実年齢より若くなる 大人の健康体操』です。

猫背で顔色も悪く越えも小さい方、周囲には50歳ちかくにみられます。実年齢は30代!腰が曲がってしまってる女性、10歳は上にみられますがまだ還暦前、ダンスやヨガを何十年も続けて健康そうに見える先生は生徒の中では40代だろうと思ってましたが実年齢は30歳だったそうです。

姿勢も常に胸をはり背筋ピーンという感じなのに老けてみられてました。背筋を伸ばしすぎ、ムリして姿勢を作っていることが生徒さんにはバレバレだったんですね。とうことで今日は自然体に体を戻す健康体操と言う話です。

背中が丸くなって臓器を圧迫し血行も悪くなりという悪循環を無くすために自然体になる必要があります。方法としては、前にも書いた足首まわし・ヤンキー座りの無難な方法もありますが、その後に軽く体を反らせる。

肩甲骨を寄せ肩をあげて首をゆるめて・・・と文字にするとわかりづらい(泣)。すみません、何か良い方法を考えます。その人によって歪み方が違うので適当にというわけにもいかないんです。検査があってはじめて体操、改善するプログラムがくめるので・・・