ストレッチって手軽で簡単で健康法としてやっている方も多いと思います。専門のトレーナーの方などがいてアドバイスを受けながらしてる分には、大丈夫だけど、自己流で体を壊してしまっては元も子もありません。

そこで注意して欲しい点を言いますね、無理をしないこと。我慢してるとやわらかくなると思いがちですが、逆に硬くなります。呼吸もとまるし緊張するしでいいことはないですね。

こうなりたい!ってイメージしてそこにたどり着くために頑張ることは、悪いことではありませんが毎日少しずつすることで結果的に柔軟性が出て維持されるようにしていくほうが体への負担も少ないと思います。「毎日継続する」実は、はっきりいって物凄く難しいです。

ストレッチの方法としてラクなのは、何かをしながらですね。たとえば黙々とするのもいいけど、誰かと話しながら、テレビをみながら、ストレッチの形をとりながら何かをしておくと呼吸が止まることもないし一生懸命になりすぎないですよね。

毎日食事の後にテレビを見てくつろいでいるときに、ストレッチのポーズをするでもいいし、なんとか生活の中に毎日出来る形を見出してあげると、いいのではないでしょうか?健康は毎日の手入れで成り立つものですからね。

簡単なストレッチの方法

子どもって寝起きに「んー」って手を上げて背伸びしてる子おおいですよね。背伸びをすることで全身の筋肉を刺激して血の循環をよくするんです。これって誰に教えてもらったわけでもないのに自然とやる行為です。

つまり「本能」大人は背伸びをするけどそのまますぐにやめます。子どもは伸ばした状態で少し呼吸します。ここをまねてみましょう。お布団の中で背伸びをして少しそのまま呼吸をして「ふーっ」とやめる。そしてそのままちょっと「じーっ」としてると動きやすくなりますので、思い出したときに試してみてくださいね。

簡単な朝の健康体操

朝起きて仕事や学校にいかなきゃ「あー疲れる、だるい。。。」って思うことありませんか?そんなときに出来る簡単な健康法です。

手を後ろで組んで少し背伸びをします。その形で何度か呼吸をしましょう。そしてため息のような息の吐き方を数回します。すると全身に血が駆け巡りますよね。血が全身を流れないことにはだるい、しんどいから抜け出せません。呼吸しかもため息を使っての健康法です。

よろしければ、是非お試し下さい。寝たきりの人が寝たきりじゃなくなる健康法もこれにつながります。

簡単な昼の健康体操

昼間の時間帯に何か簡単な体操はないものか?忙しくてそんな時間もない、なかなか難しい・・・。そんなときは座ったままでもたってる状態でもいいので、少し顎を上にあげて胸を張りましょう。

腰の後ろで両手を結んでも効果的ですね。仕事や作業で猫背になった背中を伸ばして、呼吸のしやすい体を維持してください。

簡単な夜の健康体操

仕事も終わり帰宅してから出きる簡単な健康体操です。靴下を脱いで脚を押さえつけているものを取り除き、まず脚のグーチョキパー。そしてふくらはぎを少し伸ばして、今度は足首を内側に回しましょう。

そして昼間もやった腰の後ろに両手を回して、胸を張るポーズで深呼吸を数回、1日自分を支えてくれた土台の脚をケアしてください。そして大きく深呼吸をして体の中の隅々まで酸素と栄養を送り届けてあげてくださいね。毎日のケアで健康はできあがります。