だいじなカラダ

健康じゃなくなったときに、あんなことするんじゃなかった、あれを食べるんじゃなかった、タバコやめときゃよかった、飲みすぎなきゃよかったと後悔して健康のありがたさに気づくことってありませんか?当たり前のことをすることが一番難しいってことですね。

なぜそうなるか?思うに「人は無料でもらったものほど雑に扱う」情がないということなんです。自分で働いて稼いで買ったものほど愛着もあり大事にします。これは自分の体も同じです、自分の体は自分で手にしたものではありません。両親から譲り受けたものなんですね。

だから、ありがたみがなく、つい手入れを怠り、無茶なことをして傷つけたりしてしまう。私のものなんだから自分の好きにしてもいいじゃない!そう言われるかもしれませんが、手入れはしうといて損はないですよ。

歪みを取ることも、手入れの1つです。肩の高さが違う、首が傾いている、骨盤が捩れてる。ほっとくよりも元の歪みのない体に戻すことも大事なのでは?だってずっと健康でいたいじゃないですか。健康なとき笑顔になれます。不健康なとき笑うのがしんどくなります。あなたにもっと輝いてほしいから、もっと自分の体と向き合ってあげてください。

「だいじなカラダ」←これは私が提案する健康法の名前、団体名なんです。元々は整体院のりこう健美院(りこうけんびいん)を経営してましたが、予防医学の大事さを学び、体操や健康法、考えなどをお伝えしていく為に何か整体院とは違う名称・団体をと考えて作ったのが「だいじなカラダ」なんです。

整体院はお越しになっていただく方を対象に整体をさせていただいたいますが、だいじなカラダでは実際に私が各地へ行き体操教室を実施したり整体指導を行ったりする違いがあります。

最近ではやはり予防意識の高まりから、だいじなカラダの需要が高まってきてるなと思うことが多くなりました。全国各地で色んなことが出来たら楽しいだろうなと密かにいくつかの計画を練ってます。そのときはどうぞよろしくお願いします。