健康寿命とは

健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のことをいいます。平均寿命から健康寿命を引くと、男性は約9年、女性は約12年も差があるんです。

この期間が何らかの体の症状に悩まされている期間といえます。誰もが最後まで、健康でいきいきとした生活を送りたいと思っていますよね。だからこそ健康寿命を意識していきましょう!

健康寿命の敵とは

健康寿命を延ばすことで一番の敵。つまり最大の悩みは運動器の障害です。手足や体をスムーズに動かすことが出来なくなることをいいます。要介護や寝たきりになることも含まれます。

だからこそ自分の手足や体がどこまで動くのか、それを定期的に意識して検査することが大切なのです。

健康寿命をのばすコツ

僕が健康に携わる仕事をする中での目標は、健康寿命をのばすことです。いつまでも健康でいて、いつまでも楽しく過ごせる為に。

日本人の平均寿命は年々伸びていますが実際に健康寿命はというとそんなに伸びていません。ということは生きてはいるけど自分のこと自分できない。病気と闘い寝たきりや入院を繰り返すケースが多いようです。

何歳になっても自立歩行が出来て自分のことは自分で出来る健康寿命をのばすコツは、次の2点です。

  • 本来の姿勢をキープすること
  • バランスのいい生活

歳のせいだからと諦めるのではなく何歳になっても元気になれるんだという方法を今後も発信していきたいと思います。諦めないで一緒に健康になりましょう!奇跡なんて殆どありません、大切なのは「本来の姿勢をキープしてバランスのいい生活をすること」人間に限らず世の中に存在するもの全てに共通すると思いませんか?