体操教室などで各地を回らせていただく中で、最近は健康を維持するために運動をされる人が増えているなと実感します。しかも、特に都会で。

東京は各駅にジムがあると言っても過言ではないといいますか。あの手この手で宣伝をしてますからね。少し田舎の地区にいくとジムなんてないし、皆さん毎日の買いものや生活で自然と運動をされてます。こういうのを見ると環境って大切なんだなと痛感します。

同じ体操やゆがみを取ることをしても、日にちが経ってからの結果が違うんです。都会は便利な反面・・・色々とあります。変わりのない大事な体なので皆さん大切にしてくださいね。

健康のためにしている運動が実は体を壊す事実

最近は健康に気遣い、運動自体は問題ないと思いますが、よかれと思ってしている運動が実は自分の体を壊す原因になっていることもあるので注意してくださいね。

どういうことかというと、

  • 休むことが無い。
  • ただ運動をすればいいというものではない。

ということで、ここが大事だと思います。とにかく無理をしないで長く運動をやっていける環境づくりを意識してあげるといいと思いますよ!

運動だけでは健康は維持できません

運動と休息そして栄養補給。これはワンセットとして考えるいいと思います。運動をすると筋肉は疲労しますね。エネルギーも使います。運動をして栄養補給をして休んで、そしてまた動いて・・・その繰り返しで私たちは生活してるんですね。

当たり前のようで中々実践できないサイクル(笑)

運動をするとゆがむんですよね?

だったらあまりしないほうがいいですよね?という質問をいただきました.。私の意見としては、運動ではゆがみます。ただ運動を控えるのではなくむしろ運動できるほうが健康的だし、できるのならしたほうがいいと思います。

ですがここで大事なのは運動をした後のケア、休むということをしないといけません。頑張りすぎて運動をして休まず疲労を溜め込んでパンクをしてしまいますと勿体ないですね。効果的な休みかたやケアの方法は杉並区で地元の皆様の健康をサポートする荻窪のゆがみをとる専門整体院 りこう健美院までご相談ください。