効果①

最近はストレッチを健康法に取り入れる方が増えています。そこでストレッチにはどのような効果があるのか?分けて説明したいと思います。いきなりバーっと言われてもわかんなくなっちゃいますしね。

ということで今日は1回目。ストレッチの目的は動きやすい体づくりのために行うということです。筋肉の伸びや張り、関節の動きがよくなることで、体を動かしやすくなります。軽くなった気がすると表現する人もいますね。またスポーツ前に行うことで、血行促進、筋肉の温度を高めるウォームアップ要素もあっておススメです。

効果②

怪我の予防

筋肉に柔軟性があり、よく伸びる状態だとスポーツの急激な筋肉の伸び縮みに耐えることが出来て怪我が少なくなります。

一方、ストレッチなどの準備運動を怠った場合には、急激な動きに筋肉が対応できなくなって怪我をするリスクが高まります。ですので動く前には、適度なストレッチはおすすめです。

効果③

健康維持

ストレッチをすることで、筋肉の動きが盛んになり代謝もよくなります。エネルギーの消費にもつながって血行促進、メタボリックシンドロームなどを防ぐことも可能です。スポーツを始めたりするよりも、いつでもどこでも手軽にできるものだからこそ健康法としておすすめです。

効果④

痛みの改善をうながす効果

ストレッチをすることによって、血行促進に役立ち血液中の老廃物や痛みの物質の分泌が促進されて痛みが改善されてきます。

筋肉に柔軟性が出ることで、腱や関節への負担も軽減され痛みの原因を少なくするといわれています。無理のないストレッチを続けることで健康を維持しましょう。

効果⑤

早期回復に役立つ

怪我からの早期回復に役立つという利点です。ストレッチは医療の現場でも取り入れられています。リハビリテーションの運動療法として取り入れて健康回復に役立てられていることから、怪我からの早期回復の手段であることは明白です。

筋肉に少しずつ刺激を与えれ血流をよくしていくことで筋肉の修復が早まる効果です。無理の無い適度なストレッチで、健康維持をしていきましょう!