下半身の効果的なストレッチ

筋肉の伸びというよりも、関節の動きを意識しながら筋肉を伸ばすといいと思います。痛すぎないように、徐々に筋肉を伸ばし関節の動きがよくなってくるかな。またはきたかなという意識ですね。関節部分の伸びを感じない、ただ筋肉を伸ばすだけでは、効果半減ですから関節の動きを意識しましょう。

脛の横のストレッチ

発育期に多いのが、スネの横の部分の痛みや違和感。ここを伸ばしてあげることで下半身の血流をよくして健やかな成長に役立ちます。正座をしたまま膝だけもちあげて、スネの横を伸ばすのも効果的です。ぜひお試しください。

腰痛に効くストレッチ方法

太ももの前側の筋肉をストレッチします。立ったままで膝をまげ足首をかるくもち、膝を後ろにもっていくとふとももの前側が伸びていきますね。腰を反らせすぎずに、太ももの伸びを感じで呼吸をしましょう。怪我防止にも役立ちますし腰痛にも効果があるので、是非お試しください。

無理しないで続けること

ストレッチはいつでもどこでも出来るので、便利ではありますが今日やったから明日やらないではなく、毎日少しでいいので続けたほうがいいと思います。

自分の好きなストレッチだけではなく、まんべんなく手軽に出来るので、毎日しなくていいではなく手軽に出来るからこそ、毎日の生活に取り込むといいと思います。簡単なようで難しいけど、ぜひ意識してみてください。

ストレッチのメリットとは

バランスが崩れた状態で硬くなった筋肉では良い姿勢は保てません。ストレッチにより柔軟性を取りもどし、結果的に良い姿勢を取りやすくしていきます。それを維持するためのバランスの良いある程度の筋力と意識が高まるんです。

柔軟性のある筋肉のメリット、全身への血流やリンパ液の流れが良くなり滞った老廃物を流し、新しい栄養を全身へ運ぶことができます。

また酸素の供給量も上がり、脂肪燃焼効率も高まるんです。出来る範囲でいいのでストレッチを生活に取り込んで綺麗な姿勢や筋力も同時に手に入ります。ストレッチをのメリットは、こういう理由からなのです。