健康を維持は自分で出来る

健康を維持するためには血行をスムーズにすることが大切ですね。

足湯が人気があったのも足元を温めることで筋肉を刺激して重力によって落ちてきた血液を心臓に戻す。その過程で血行がよくなり体温が上昇して頭痛や肩こりなど不快な症状が緩和するというもの。

ストレッチも筋肉の伸び縮みをする事で血流をよくすることが目的ですね。大きく深呼吸をする事も体内に酸素を入れて血行をよくすることが出来ます。

運動したくない時には食事や飲みもので温かいものを取り入れる。それも出来ないときは大きく深呼吸を繰り返す。もしくは少しストレッチをする。自分の状況に応じて血流を良くすることをしてあげる事がポイントです♪

お湯で手を洗うと肩こりがラクになりましたーと言ってる人もいましたね。深呼吸をしながら手の平を思い切り伸ばして縮めるグーチョキパー、グーパーグーパーも効果的ですよ!

最近は暑かったり急に気温が下がったりと毎日の気温の変化で体の不調を訴える方も多くなりました。寝る時に暑くても朝起きた時には寒くてということが一番体調を崩しやすいので寝る時の服装やお部屋の温度など気をつけてくださいね。

脚のむくみを取って健康に

脚のむくみをとる方法をお伝えする前に、脚のむくみをとるとどういうメリットがあるのか?をお伝えします。

それは血液の循環がスムーズになって筋肉疲労や頭痛や肩こり、腰痛なども緩和されて内臓の働きも活発化されるということです。

逆に脚がむくみと、血行が悪くなり疲労も増し、筋肉の痛みや違和感が出てしまいます。血行を良くするために足湯がありますよね。足を暖める事で心臓に血液を戻す手軽な方法です。しかし会社などでは簡単に足湯が出来ないので(^^ゞ今日の方法をお試し下さい。

足の指でグーチョキパーをして足首を伸ばしで縮め、足首を回す運動です。このときに、ふくらはぎの伸び縮みを意識してあげるといいと思います。※ 呼吸する事を忘れないで下さいね!

血行を良くする=筋肉の伸び縮みの運動をする事が大切なのでぜひお試し下さい。また、もう一つ簡単に出来る健康ストレッチがあります。どうしても血行が悪くなりがちですので、脚のむくみを取るストレッチが効果的です。

  • まず足首を回す。
  • 脚の指を動かす。
  • ふくらはぎを伸び縮みさせる。

この3つのストレッチだけでもむくみが解消されて全身の血行促進につながります。デスクワークで座りっぱなしの環境でも机の下で出来る動きなので是非お試しください。

窓をあけて元気になる

つい忙しくなったり、集中しているときには呼吸が止まりがちになってしまいます。でも、風が体にあたることで、ふーっと一息つくきっかけになることがあるんです。

天気いいなーと空を見上げ自然と深呼吸をすることも効果的ですよね。ぜひ窓をあけ呼吸をしてみましょう。 呼吸をしないと生きてはいけませ。当たり前のことを当たり前にやることがとっても大切だと思います。

効率よく健康になる

  • 健康にいいとおもって。
  • サプリメントをとっている。
  • 運動をしている。マッサージを受けている。

せっかくいいことをしているのに効果が出ていないというのは非常にもったいないことです。ではどうしたら効果を感じられるのか?それは、今の自分の状況をきちんと把握している必要があります。

自分が理解できていないことをいくら試しても効果は感じられません。今の自分はこういう状況だから、この動作をしてその結果、前よりもこうなった。これが大切です。

腰が曲がっているのに前屈ばかりしてたらどうなりますか?奥歯が虫歯なのに前歯ばかり手入れをしていたらどうしますか?自分を知ることがとても大切ですね。