色々な事例

今回は、よかれと思って取り組んでた結果、とりかえしがつかなくなったケースをご紹介します。

ガンコな腰痛、肩こりなどの不調を解消するために、運動をしよう!ストレッチで柔らかくなろう!と頑張ってました。すると最初は症状も軽くなり、あー運動をはじめて良かった。ストレッチはじめて良かったー。と思われたそうです。

しかしある時を境に運動しても肩こり頭痛、そのほかの体の症状が出る、ストレッチしても腰や肩が痛い。体に良いことをはじめたはずなのになんで??

それは、やり方がマズイんです。ただやるんじゃなく、どこをどう改善するためにやるのか?そのために自分の今の状況を知る必要があります。それが、歪みを知るということですね。

やみくもに運動やストレッチをしてたので、気づけば腰は正常な湾曲を失い、不調が出る体になってしまうという話です。東京以外の方からの問い合わせが多いので、なんとか答えられるようにしたいのですが・・

行きたいけど行けない状況、何か良い方法ないですかね。

がんこな肩こり

肩こりで悩む人は多いですよね。二足歩行の宿命と言われてもなんとかしたい。血行が悪いのかな、筋肉が硬いからやなと考えると思います。ただ肩は足があり、骨盤があり、腰があり、背中があり、肩にたどりつきます。

つまり下のアンバランスを上がとるわけです、ガンコな肩こりに悩む人こそ肩の高さが違ったりしています。ということは?おわかりですね、下から整えるわけです。

下のアンバランスがとれないことには、上のバランスがとれることは難しいですよね。ということで早速、肩の高さをチェックしてみてください。