衣類と不調の関係

夜、寝る時の姿でタートルネックを着て肩こりや、頭痛に悩む方への解決法を知ることが出来ますと書きましたが、夜、寝るときに体にフィットしたパジャマで寝ますか?ということ。

「寝ることで疲れを取りたい」「酸素と血の流れをよくして疲労回復」これを目的とする睡眠ですから、出来るだけ首や肩の周りや全身がゆったりしたパジャマを着ると思うんです。つまり体の自由を奪われる事が、筋肉の自由を奪い血の流れを悪くするということに繋がります。

ですのでタートルネックを着るときには、首のまわりや肩の動きを制限しないものを選ぶどうしても体にフィットしたものを着るときには筋肉を動かす。ここを意識する必要があるんですね。

どうしてもタートルネックを着ると体が前のめりになって丸くなってしまいがちですので、背伸びをするような姿勢をこまめにいれるとより効果的ですよ。

血の流れ

基本的に私たちは血の流れが悪くなると不調に悩まされます。そうならないために運動をします。

  • ジムで体を動かす。
  • ダンスをする。
  • エクササイズをする。
  • マラソンをする。

などの、運動で体を動かすわけです。体を動かせば必ず疲労します。疲労を取らないと体の負担が大きくなってしまって不調になります。

体を動かす=健康維持

一概にこれとは言えないんですよね。筋肉を動かすための運動なのか?体の疲れをとるための運動なのか?どっちをしているのかということですね。あなたはどっちの運動を日ごろしていますか??

運動をはじめたら体を悪くした方へ

毎日、体を動かしているのに腰痛になりました。運動を始めたときには肩こりも腰痛も軽減して食欲も増えたけど、最近は疲れやすくなりました。ケガをして運動も出来なくなった。ケガをきっかけに運動をしなくなってもう最近は動くのもやめた。

このようなことで悩んでいる人の原因は、動きすぎです。休まずに運動ばかりするので体に負担がかかっている状態ですね。運動をすれば血の流れがよくなって元気になる。間違いではないでしょう。しかし運動して使った筋肉を休まさなければ筋疲労を起こして、筋肉が硬くなって血の流れが悪くなります。

せっかくはじめた運動なのにそのせいで体が悪くなってしまった。これでは意味がありません。使ったらケアをする、この意識が大切だと思いますよ。