水の中での運動は本当にいいのだろうか?その1

水の中ので運動で大事なのは水温ですね。冷たすぎる水の中よりも温水プールのような30度前後の水の中のほうが、運動がしやすいといわれてますねそのまま水の中での運動をしていると徐々に体温を奪われてしまうので、体温を維持する為に体の表面の血管は収縮と拡張を繰り返して活発になります。

すると血液の循環が促進されて体温が一定に保たれますね。この体温と水温の差の刺激がエネルギーをつくり陸上で運動をするときよりも多くのエネルギーを消費させて体温調節も向上するので風邪を引きにくい体を作るといわれてます。

しかし水の中に入ると血管が収縮して血圧があがるので高血圧の人は注意してくださいね。長時間の水の中での運動は体温調節機能の限界を超えて体温が低下して具合が悪くなることもあるので、注意しながら運動をしてくださいね。

水の中での運動は本当にいいのだろうか?その2

水の中での運動のときに抵抗が体にかかります。陸上でする動きを水の中でするとうまくできないですよね。これは抵抗の力によるものなんですね。

このように体に少しでも負荷をかけることで無理なく運動することは、筋力アップにつながり血液の循環にもいいといわれてます。決して運動のやりすぎには注意しましょう。

水の中での運動は本当にいいのだろうか?その3

水の中での運動で体にかかるものとして浮力があります。陸上生活では重力がかかって膝や腰に負担がかかりますよね。水の中では胸のあたりまで水につかった状態になると陸上の3分の1程度になるといわれてます。そのために水の中で運動をすることは言いとされてますね。

浮力を利用して水の中での運動時には陸上で仰向けになっているときよりも副交感神経が活性化されてリラックスできるといわれているんです。そう考えてもやはり水の中での運動は体にいいんですね。

水の中での運動は本当にいいのだろうか?その4

まず水の中での運動のときに、水圧というキーワードが大事になります。心臓から出た血液が全身に届いて筋肉の収縮で心臓に戻ってきます。水の中に入ることであらゆる方向から水の圧を受けることになります。水中の中に立ったときには下半身が深くなるので脚に強い圧力がかかり血管が圧迫されてしまいます。これによって血液の循環が良くなるんですね。

お腹や胸のほうに水圧がかかると水圧で腹部が縮み横隔膜が押し上げられて肺の要領が少なくなってしまいます。息を吐くときは水圧によって肺の収縮が促進されて、息を吸うときには余分な力が必要になります。

このために呼吸の筋肉が鍛えられて心肺機能が高まって自然と循環器系全体が活発になってぜんそくなどの症状も緩和されてくるといわれています。ということは水の中での運動は効果的なんですね。

水の中での運動は本当にいいのだろうか?その5

体を動かす機会をとるかたも増えてきていると思います。暑い夏の日には水の中で運動をしようと考えることもありますよね。そんな時に少し知っておくといいことを書いていきますね。水の中の運動は陸地でするよりも消費カロリーも多くダイエットなどに最適といわれてますが本当なんでしょうか?

陸地には無い水の中の特性をつかむことでいいのか悪いのかを見ていきましょうね。答えから先に書くと水中での運動はいいです。なぜいいのか?より効き目をよくするにはどうしたらいいのかを次から書いていきたいと思います。

水の中での運動は本当にいいのだろうか?その6

水の中での運動が効果的であることを書いてきましたが、水が体を刺激することで心肺機能や金忍苦が鍛えられて健康の維持・増進にとても有効なものであるといわれてます。

決して無理をすることなく運動をしたら休む、運動前には体操をするなどして水の中での運動を楽しんでくださいね。

栄養だけじゃなく休息も大切

筋肉をつけたらり体動かしたときに大切なのが休むこと。そして栄養ですね。筋肉を治すときに大切なのがたんぱく質。 肉や大豆食品が疲労を回復させるのにいいといわれてます。アスリートがよくとるのが「鶏のささみ」高タンパク質で低脂肪なので食事のときに取り入れるといいと思います。

体を嫌えるだけではなく疲労を取りながら継続的な運動をこなすことが大切ですからね。