タイトルの言葉は実際にみさせていただいている方が発したものです。この方は、酒タバコ、不摂生とにかく何でもしてました。

1回の人生なにがあるかわからないし健康に気遣ってても病気になるときはなる!病は気や!!と仰ってました。

しかし、あるときに腫瘍がみつかりました。いつものように顔を合わすと暗いわけです。あんなに威勢の良かった人が泣きそうな状態で、自分がまさか病気になるなんて?

  • 1日も長く生きたい
  • 死にたくない
  • 何でもする
  • 毎日、神様にもお祈りしてる
  • 寄付だってはじめた
  • 金ならいくらでも出すから治してくれる人はおらんか?

という状態でした。健康なときはそれが当たり前なので病気に、なったことを考えることはしないでしょう。だから手入れもメンテナンスもしない。ただ病気になったら健康のありがたみがわかるわけです。

毎日、朝昼晩はみがきをしても虫歯になるときはなります。だからといって、じゃあ歯磨きしないって人はいないでしょうね。

だから毎日の健康を維持するために、未来の健康を手に入れるためにも、日々のケアをしてあげてください。自分が健康じゃなくなったときに悲しむ人はたくさんいますよ。

最後に、今回のブログに出てきた男性は現代医学の進歩により、今では元気に生活なさってます。しかも健康に気を使い毎日笑顔で生活されてますよ。あきらめる事はありません、みんな健康になれます!