自分のゆがみを見分ける方法

骨格模型を見たことがありますか?横から見ると背骨が丸くなっていて腰が反り首も少し反ってますね。この模型、この形が自然な形といわれてます。

この模型と自分を比較したときにどうですか?本来、反っているはずに腰が丸くなっていませんか?本来、背中が丸いのに反っていませんか?本来、首は反っているのにまっすぐになっていませんか?

こうやって比較をすることで今の自分を知ることが出来ます。

不調かどうかを一発で見分ける方法

  • お腹が痛む
  • 頭が痛い
  • 腰が痛い

など体が不調なとき私たちは本来の姿勢を保つことができません。体を丸めたりしますよね。ということは姿勢でその人の状態がわかるということなんです。頑張りすぎて意識的に姿勢を良くするのではなく自然な姿勢があくまでも基本ですよ(^-^)

後ろ姿でゆがみを見つける

自分の前側は毎日見ると思いますが後ろ姿はなかなか見る機会がないと思います。こんな経験はありませんか?

  • 信号待ちや会社で他人の後ろ姿をみて
  • この人は肩が下がっているな
  • お尻がアヒルみたいに出てるな
  • かなり無理して胸を反っているな
  • 背中が丸いな

自分では意識してないときにかなりゆがみがでてしまいます。

前側は意識して変えられても後ろ姿は自分ではどうにもできません。友達や家族に一度背中をチェックしてもらうと自分のツライ症状の原因がみえるかもしれませんよ?

股関節のゆがみを簡単に見分ける方法

今日は簡単に股関節の違いを見分ける方法をお伝えします。これを知ることで自分の下半身の状態を知ることが出来て健康法をする上でとても重要なことを知ることになります。

方法は簡単です。座って膝を折り曲げ脚の裏同士を合わせます。こういうストレッチ方法がありますね。

力を入れるのではなく自然と膝の高さの違いを確認しましょう。膝を故障した経験がある。股関節をいためた経験がある場合などは正しく出ない場合があります。まず自分を支えてくれる土台の脚の状態を知ることが大切なのでぜひお試し下さい。

足のゆがみの見分けかた

足のゆがみの見方として、軽く足を組む方法があります。仰向けに寝ている状態が本当はいいですが、椅子に座ってもできますのでお試しください。

方法

  1. 右の膝を曲げて反対の左の膝の上に足首をひっかけて横に開きます。
  2. 左の膝を支点にして右膝がどの程度外に開くかみてみましょう。※ちょうど数字の4のような形になりますね。
  3. 反対側もやってみます。
  4. 股関節周りの筋肉の違いをこれで把握します。

自分を支えてくれている脚。建物で言う土台ですね。もしココが狂うと上はどうなるでしょう?足元のゆがみを見ることで体調改善の1歩になりますよ。

首周辺の筋肉のゆがみの見分け方

首の周辺のゆがみをチェックする簡単な方法です。まず真っ直ぐに立ちます、もしくは座ります。そして肩を動かさずに首だけを右や左に向けてみます。

向きやすいほう。向きにくいほう。どっちかの差が出ると思います。首を回す以前に肩の高さが違うとその時点で背中周辺からの筋肉の歪みがあることになります。

一つの目安として自分の体の状態を知ることができるのでぜひ試してみてくださいね。

女性に多いかもしれません

女性で歩いているとスカートがくるくるまわってきてしまう。ジーンズやズボンの裾がなぜかどっちかだけ擦れてしまうことありませんか?このような兆候もゆがみのサインですよ。

こんなときは、ゆがみをとる健康体操をぜひ!