効果的な歩き方

速歩きと普段の歩きを交互にすることで脳を活性化させますが、難しいことは無く普段の生活の中でも、階段を歩くことってありますよね? その時に膝を意識してあげて膝を「あげる」「さげる」この動きだけでも全身の血流はよくなります。

もちろん外にイケないときは家の中でいいし、寝転んだ状態でもできますので試してみてください。少しの運動で大きな効果をうみ、運動をすることで血流がよくなり、お腹が減り、食べることで栄養になって健康になります。当たり前のようで難しい流れなので、少しずつやって健康を維持してくださいね。

脳を活性化させるウォーキング

脳を活性化させる歩き方です。簡単なので試してみてくださいね。速足と普段歩いている速度を交互にとりいれながら歩く方法です。速歩きをすることで下半身の筋肉が鍛えられて血流が良くなり脳を活性化させます。さらに速度に緩急をつけることで脳を鍛えるといわれているんですよ。

ですので、下半身を動かしながらの運動やウォーキングをしていると、いいアイデアが浮かんだり、落ち込んでる気分が晴れやかになったり、することがあるといわれてま。自分のペースでいいのでこれも継続してあげるといいですよ。

効果的な運動をするときの注意

ウォーキングや脚を動かすときの注意点は「」です。

一番は裸足がいいのかも知れませんが、それは難しいので、脚を横から圧迫しない履物を選んであげてください。横からの圧がかかることで女性に多い外反母趾の症状がでてしまいます。本来の指の動きができないので外反母趾になってしまうんですね。

ですので運動のときの靴は、ゆったりとした圧迫しないものにしてあげてください。自分を支える土台が不安定では上の筋肉が緊張してしまいますよね?

片足で立ってみてバランスを取ると上半身に力が入りますよね。そのような無意識な緊張が履きづらい靴のときに出るので注意してください。運動をするのも少しでも効果的にしたほうがいいですよね。