血管も老化する?

血管も老化するというのは、どのようなことを言うのでしょうか?

それは、血管が固くなり、厚みが出て、しかも狭くなってしまうんです。血管には動脈と静脈がありますが一般的には動脈のことをさします。人の体もそうですが、老化というと元の形から変形してくることをいいますよね。腰が曲がったり右や左に傾いたり・・・

元も形を維持することがいつまでも健康を維持するということなんでしょうね。では血管の老化を予防するにはどのように対処したらいいのでしょうか?

血管の老化を防ぐ方法とは?

血管の老化を防ぐには運動することが効果的といわれているんです。運動は酸素を必要としますし、呼吸をしますよね。よって血管の動きをうみ脳を活性化させたり、 リフレッシュする効果があるんです。

有酸素運動で強めの運動をすることで前頭葉の活動が高まるといわれています。下半身には全身の7割近くの筋肉が集まっていることから、歩くことがより効果的です。下半身の動きで脳への血流が増えて血液と一緒に酸素も多く流れることで脳内の神経細胞が活性化されていくようですよ。

老化は脚から、脚が自分を支えてくれているわけですから脚を動かすことが大事です。

血管の老化を防ぐ運動

実際に血管の老化を防ぐ運動とはどんなものなんでしょうか?実はポイントは、ふくらはぎなんです。心臓から出た血液は重力で脚に向かいます。脚から心臓に戻るには???

そうです。筋肉の運動が大事ですよね。ですのでここで、ふくらはぎが大事になってくるわけですね。ふくらはぎの筋肉が衰えると心臓へのポンプの役割がしづらくなりますので、普段の日常生活から意識してあげることも大事です。

それでは方法です。

  1. たった状態でまずつま先をあげます。※かかとだけで立つ感じですね。
  2. そしてつま先をおろして、かかとを上げましょう。※今度はつま先だけで立つ感じです。

これを呼吸をしながら交互に何回か行います。加齢に伴う血管の老化には運動が効果的であり、有酸素運動を行うと血液を全身に送る為に血管が広がり、毛細血管までいきとどき発達します。継続することで筋肉もつき血管もしなやかになるので、できるだけ脚を動かすことを意識しましょう。

運動が血管の状態をしなやかにします

運動を行うと全身の筋肉に酸素をおくることが必要になってきます。すると十分に血液を送る為に血管は広がっていくわけですね。その結果、血流がスムーズになり血圧も下がってくるということになります。

運動の種類には有酸素運動と無酸素運動がありますが、しなやかで血流をよくするには有酸素運動が効果的といわれています。何事も呼吸をしながらするということが大事なんです。

血管をしなやかにする有酸素運動とは?

有酸素運動をすることで酸素が必要になります。それによって体の中では少ない血液量で多くの酸素を運ぼうとして赤血球の数が増加するそうです。同時に筋肉が活発化して心臓の働きを助けて血液の循環をスムーズにします。そして毛細血管の隅々まで流れることで健康的な体ができあがるということなんですね。

そしてこの言葉をきいたことはありませんか?脚は第二の心臓・・・