運動前のストレッチ

運動前のストレッチに求められるもの

  • 運動動作を高める効果。
  • 運動中のケガを予防する効果以上のことが求められます。

運動前後にするストレッチは同じでいいのかどうか?

ストレッチには2種類のものが存在します。

  • 動的ストレッチ
  • 静的ストレッチ

次に、このストレッチについて説明していきたいと思います。
※決して無理をして筋肉を傷めることがないようにしてください。

静的ストレッチの特徴

  • 関節可動域を広げる効果がある。
  • ストレッチの時間が長くなると力が入りにくくなり、筋肉や腱の弾性が減少する。
  • 緊張をほぐすのが目的。
  • 反動や弾みをつけずにゆっくりと筋肉を伸ばす。
  • 静止した動作なので筋肉内の温度が低下する恐れがあるので体を冷やさない状態で行うほうが良い。

動的ストレッチの特徴

  • 動的ストレッチには関節可動域を広げる効果。
  • 筋肉や腱の機能を高める効果。
  • 関節周りの動きを潤滑にするのが目的。
  • 伸ばしたい筋肉を意識して、動きの中で腕や脚などを様々な方向に動かすことで、関節の稼動域を広げるストレッチ

以上のことから運動前に取り入れることが効果的。次に運動前のストレッチの注意点になります。
※決して無理をして筋肉を傷めることがないようにしてください。

運動前のストレッチの注意点

筋肉や腱が硬くなった状態から動かしてしまうとケガの恐れもあるので、まずは静的ストレッチで柔軟性を確認し、運動前にどの筋肉を伸ばすかを確認して、動的ストレッチを導入するとより効果的です。

※決して無理をして筋肉を傷めることがないようにしてください。