ストレッチの目的と効果

健康な体を維持したりするときに手軽に出来る方法として、ストレッチがありますね。今日はそのことを書いてみたいと思います。

ストレッチとは「伸ばす」「引っ張る」という意味で「体の様々な部位の筋肉を引き伸ばす」ことをいいます。

“ストレッチの目的”

筋肉の余分な緊張をとき体が良く動く状態にすること。

“ストレッチの効果”

筋肉がやわらかくなり怪我を予防できる。毎日続けて行うことで柔軟性が身につく。日々の積み重ねが大事なのでぜひやってみてくださいね。

ストレッチの方法と注意点

ただ引き伸ばせばいいというものでもないので、ストレッチの方法と注意点を書きますね。

“方法”

  • 筋肉が伸びているところまでゆっくり伸ばす。
  • 同じストレッチを何度か行う。
  • 体が温まっている状態で行う。

“注意点”

  • 反動をつけない。
  • 急激に伸ばさない。
  • どの筋肉を伸ばしているか意識する。
  • リラックスしておこなう。
  • 呼吸を止めない。
  • 自分のペースでおこなう。
  • 痛みの無い範囲でおこなう。

こう見ると注意点で引っかかる人も多いのではないでしょうか?無理をしないでゆっくり、そして継続して続けてみてくださいね。

ストレッチと筋肉痛

ストレッチを久しぶりにしたときなど筋肉痛になることってありませんか?体を壊したのかなと思うかもしれませんがご心配なく。激しい運動をしたときなども筋肉がジンジンと痛むことがありますが、これは運動をして刺激を受けた筋肉が少し損傷してしまい、その部分が元に戻るためにおきる炎症反応を筋肉痛と呼ぶみたいです。

傷を修復するための体の行動なんですね。ですのでアイシングをして安静にする時間も大切です。ただただ動かすだけではなく、食事で栄養補給をして安静に休む。そうすることで筋肉痛も回復しやすくなりますね。