添加物について

先日スーパーで「何これ?安い」!!!って驚きました。それにしても安すぎでしょ??ギモンに思っていろいろ調べてみると、添加物の塊だったんですね。

わかりやすくいうと、本物ではなく本物風。添加物については色々と議論されてますが、食べることは健康に直接関係することだし体の内側が万が一ダメになると当然不健康になり、胃腸や血管の丈夫さで寿命が決まるという先生もいらっしゃるいます。

食べ物のことはちゃんと考えたほうがいいのかもしれませんね。50年前と違って今は日本にいながら世界の料理や短時間でお店の味付けに似た料理を手に入れることが出来るようになりました。作り手の立場から言えば、時間を短縮して似た味を作ることが出来るし数もさばけます。

これは全部、添加物の恩恵です。添加物を悪というつもりはありません。添加物のおかげで皆さんも時間の短縮、安さ、便利さの恩恵を受けていると思います。

ただそれに依存するのではなく「うまく付き合う」この気持ちが大事だと思いますよ。当院を利用する妊婦の方は妊娠をしてから添加物のことを考える方が多いです。子どもにはなるべく自然のものを、添加物を避けてと考えるのでしょう。この機会にぜひ添加物というものも考えてみてください。